<海外移住><子連れ>一戸建てを売却する~販売活動編~

移住前の準備🛬

 

不動産会社の選定・建物調査・家の写真撮影が終わったら

インターネットの広告媒体にも自分の家が掲載され、

いよいよ販売開始です。

 

始めは販売価格を少し高めに設定。

何回か電話問い合わせはあったようですが、見学までには至らず。

 

 

私達は出発時期が決まっているため、

販売開始後1か月を過ぎたあたりで販売価格を変更。

現在のローン残高+仲介手数料分より少し上回る販売価格で再スタート。

やはり金額を落とすと見学者は増えます。

 

その後何件か問い合わせがあり、

見学も来ていただき

若いご家族が見学後その当日に申し込み頂きました(^^

海外移住者の家売却時のメリット

海外移住の家の売却時のメリットは、

電化製品・家具付きで販売できる点です。

 

そもそも、海外の電圧が違う。

海外は家具・電化製品付きの賃貸が多い。

 

(専用の機材を持っていけば日本の電化製品も使えますが

帰国する予定のない私達は現地で購入する選択をしました)

 

私達が向かうポーランドも家具・電化製品付き。

家具を送るのも発送費用がかかります。

船便ですとさらに時間がかかります。

 

それなら売却時に家具も家電もそのまま

残していくという付加価値をつけることで

他の物件より優位性をつけることができます。

 

もちろん、購入希望者が希望すれば。が前提です。

必要なければ、処分します。

 

今回、申し込みを決めてもらったきっかけも、

家具・電化製品を残してもらうことで

引っ越し当日から生活できる。

というメリットが決め手となりました。

 

売買契約~家の引き渡しまで

 

購入希望者からの申し込みが入り、数週間後、売買契約を行いました。

 

売買契約から家の引き渡し(所有権移転)まで1~2か月かかります。

その間はゆっくりと引っ越し準備ができます。

 

掃除をしながら、

①家に残していくもの

②処分するもの

③ポーランドへ送るもの

④実家へおくるもの

 

を仕分けしました。

 

海外引越は日本国内の費用とは違うため

事前に海外引越業者に問い合わせをして

金額と相談しながら決めていく必要があります。

★持って行ってよかったものについては別で書いていきます(^^

 

~引き渡し約1週間前~

設備動作確認。

購入者が家に来て、壊れている箇所がないか確認します。

★床暖房がある場合は、暖かくなるのに時間がかかるため

少し前からオンにしておくと良いです。

 

~引き渡し1日前~

引越荷物を発送。

その後、家の大掃除。

意外に捨てるものがたくさん出てきて処理に大変でした。。

★また引き渡し前日には退去しておかなくてはなりません。

私たちは実家へ宿泊。

 

~引き渡し当日~

不動産会社へ行き、購入者と引き渡し手続き。

家やポストのカギ・連絡事項などお伝えして

売却完了です。

 

★携帯電話は出発前に解約していくため、出国後は繋がりません。

何かあった時のために不動産会社にはメールアドレスをお知らせしました。

 

出発前に一番気がかりだった不動産。

ひとまず無事に終えて、ようやく安心しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^

 

TIKTOKInstagramでポーランド風景を流しています(´▽`)

タイトルとURLをコピーしました